障害年金をもらう

流れを教えて!

障害年金をもらう
流れを教えて!

#

障害年金受給の第一歩は相談から

#

障害年金の請求手続きの窓口は、初診日(障害の原因となる病気やケガで初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日)によって異なります。

  • 初診日が国民年金被保険者期間や20歳未満、60歳以上(厚生年金被保険者期間等を除く)の期間にある場合
    住所地の市区町村役場または年金事務所が窓口となります。
  • 初診日が厚生年金被保険者期間や一定の要件を満たすサラリーマンの配偶者が該当する3号期間にある場合
    年金事務所が窓口となります
POINT

障害年金を受給するためには保険料の納付要件をクリアしている必要がありますので、まず最初にこれを確認します。納付要件をクリアしていない場合は申請しても却下されます。

トップページに戻る  > 

障害年金の請求書等の作成と提出

最初の相談が終わり障害年金を申請することが決まったら申請に必要な書類を揃えます。必要書類は将来年金を請求する場合の窓口となるところから無料でもらえます。

  • 障害年金裁定請求書
  • 診断書
  • 病歴・就労状況等申立書
  • 受診状況等証明書(初診日を証明する書面)
  • 通帳
  • 印鑑
  • 戸籍全部事項証明書
  • 世帯全員住民票写
POINT

申請書類は自分で作成できるものもありますが、受診状況等証明書や診断書のように医師に作成してもらう必要のあるものもあります。 障害年金を申請することが決まったら、早めに担当医に連絡してそれらの書類の作成の段取りをしてもらいとよいでしょう。

書類の準備が整ったら、市区町村役場または年金事務所の窓口に出向いて請求手続きを行います。

トップページに戻る  >

障害年金の請求から初回の支払いまで


書類の提出
審査    ※3カ月くらいかかります
支給の決定
審査の期間について

障害年金の審査を行う日本年金機構では審査に係る期間の標準を障害基礎年金で3か月間、障害厚生年金で3か月半と定めています。 実際の審査にかかった日数は障害基礎年金の審査で平均52.5日、障害厚生年金の審査で平均82日(平成27年度データ)となっています。

※年金の支給が決定した場合には、年金証書の郵送から50日程度後に初回の年金が指定口座に振り込まれます。

トップページに戻る  >