障害年金制度は

どれくらいもらえるの?

障害年金制度
ってどれくらいもらえるの?

#

障害基礎年金の金額

#
障害基礎年金1級 975,125円(月額81,260円)+子の加算額
障害基礎年金2級 780,100円(月額65,008円)+子の加算額
  • 子の加算額とは
    障害基礎年金の受給権者に18歳到達年度末未満又は障害年金の等級が1級方は2級の障害を持つ20歳未満の子がいる場合、障害基礎年金に付加される加算金です。

障害基礎年金の子の加算金の金額が第1子と第2子までが各224,500円、第3子以降の子が1人当たり74,800円となっています。

POINT

子の加算額が上乗せされるのは子が障害基礎年金の受給権者によって生計を維持されている場合です。実の子であっても生計維持関係がない場合には上乗せはありません。

トップページに戻る > 

子の加算額のある基礎年金の計算例

#
 

例えば、2級の障害基礎年金の受給権者に、その者によって生計を維持されている高校生以下の3人の子がいる場合、支給される障害基礎年金の金額は以下のとおりとなります。

3人とも高校生以下 基本額(780,100円)+1人目の子の加算額(224,500円)+2人目の子の加算額(224,500円)+3人目のこの加算額(74,800円)=1,303,900円(月額108,658 円)となります。
障害はない、一番上の子が高校を卒業 基本額(780,100円)+1人目の子の加算額(224,500円)+2人目の子の加算額(224,500円)=1,229,100円(月額102,425円)となります。
障害はない、二番目の子も高校を卒業 基本額(780,100円)+1人目の子の加算額(224,500円)=1,004,600円(月額83,716円)となります。
三番目の子(障害年金の等級が2級の状態にあるとします)が20歳になった その翌月から障害基礎年金の子の加算額はすべてなくなり、基本額の780,100円となります。

トップページに戻る > 

20歳前傷病による障害基礎年金にかかる所得制限


#

障害基礎年金は20歳前に発症した病気やケガによる障害でも受け取ることができますが、この場合には、本人が保険料を納付していないにもかかわらず年金が支給されます。 このため、20歳以後に発症した病気やケガによる障害による通常の障害基礎年金とは異なり、所得による制限が設けられています。
この制限は年金を受け取る方が1人世帯(扶養親族無)の場合、所得額が360万4千円を超えると年金の1/2がカットされ、所得額が462万1千円を超えると全額カットされます。
同じく2人世帯の場合には所得額が398万4千円を超えると年金の1/2がカットされ、所得額が500万1千円を超えると全額がカットされ0円となります。
扶養親族が1人増えるごとに、年金額の1/2カットの所得制限も全額カットの所得制限も原則38万円ずつ増える仕組みとなっています。

トップページに戻る > 

障害厚生年金の金額

 

障害厚生年金の金額は次のようになっています。

障害厚生年金1級 (報酬比例の年金額)×1.25+配偶者加給年金
障害厚生年金2級 (報酬比例の年金額)+配偶者加給年金
障害厚生年金3級 (報酬比例の年金額)+最低保障額584,500円

金額は上記で、報酬比例の年金額とは以下のとおりです。

報酬比例の年金額(基本額)=平均標準報酬月額×0.7125%×平成15年3月までの被保険者期間の月数+平均標準報酬額×0.5481%×平成15年4月以後の被保険者期間の月数

トップページに戻る >