障害年金制度って

どれくらいもらえるの?②

障害年金制度
ってどれくらいもらえるの?②

#

標準報酬の額について

平均標準報酬月額とは 平成15年3月までの被保険者月数の各月の標準報酬月額をすべて合算した金額を、平成15年3月までの被保険者期間の月数で割った金額
平均標準報酬額とは 平成15年4月以後の被保険者期間の各月の標準報酬月額の合算額と同じ期間に支払われた標準賞与の総額を合わせた金額を、平成15年4月以後の被保険者月数で割った金額
標準報酬とは 平成15年4月以後の被保険者期間の各月の標準報酬月額の合算額と同じ期間に支払われた標準賞与の総額を合わせた金額を、平成15年4月以後の被保険者月数で割った金額


厚生年金保険料に係る標準報酬は1等級(88,000円)から31等級(620,000)まで31クラスがあります。
例えば、月給が270,000円〜290,000円の範囲内にあれば標準報酬は18等級の280,000円となります。

POINT

平均標準報酬月額と平均標準報酬額では、平均標準報酬月額は賞与(ボーナス)は計算の対象外ですが、平均標準報酬額の方は賞与も含んで計算しているという点が異なります。

トップページに戻る > 

障害厚生年金の配偶者加給年金とは

#
 

障害厚生年金の配偶者加給年金とは、2級以上の障害厚生年金を受けている方に、その方によって生計を維持されている配偶者の方がある場合に年金に上乗せされる加算金です。

金額は年額で224,500円です。
2級以上の障害厚生年金を受けている方に配偶者がいる場合でも、その配偶者の方が以下の要件のいずれかに該当する場合には配偶者加給年金は支給されません。


  • 実質的に婚姻関係が破綻していて経済的な関係がない
  • 障害年金を受けている
  • 前年の年収が850万円未満又は前年の所得が655万5千円未満
  • 加入期間が原則20年以上ある老齢厚生年金、退職共済年金を受けている

トップページに戻る > 

障害厚生年金の最低保障額とは

#

障害厚生年金の3級には、受給権者の方に配偶者の方がいらっしゃっても配偶者加給年金は支給されません。 その代わり、3級の障害厚生年金は年金額(報酬比例の年金額)が585,100円未満となった場合には、585,100円(平成31年4月分から)が支給額となります。 従って、障害厚生年金3級に該当した場合には必ず585,100円(月額48,758円)は受け取ることができます。

トップページに戻る > 

障害厚生年金障害基礎年金の併給について

#  

障害の原因となる病気やケガで初めて医師の診療を受けた日を初診日と言います。 この初診日が65歳未満の厚生年金被保険者期間内にある場合で、障害等級が2級以上となる場合には、障害基礎年金と障害厚生年金が両方もらえます。
すなわち、2級の場合には障害基礎年金の2級と障害厚生年金の2級、1級の場合には障害基礎年金の1級と障害厚生年金の1級が両方もらえます。
2級以上の場合、年金を受ける方によって生計維持されている配偶者と高校生未満の子がある場合には、配偶者加給年金と子の加算額も両方もらえます。

トップページに戻る > 

障害厚生年金のみなし300カ月規定について

#


障害厚生年金の計算においては報酬比例の年金額を必ず計算します。この金額をべースにして支給額が算定されます。
報酬比例の年金額の計算においては用いられる請求者の被保険者月数が300カ月に満たない場合には300カ月として計算されます。
障害厚生年金の計算に用いられる被保険月数は、障害認定日が属する月以前の被保険者の方の全ての厚生年金期間の月数になります。

POINT

障害厚生年金の金額の基礎となる報酬比例の年金額は必ず被保険者月数が300カ月以上あるものとして計算されます。

トップページに戻る >