審査におちる

ことはあるの?

審査におちる
ことはあるの?

#

障害年金は審査に落ちることがある

#

厚生労働省が公表している統計データによると、1年間の障害基礎年金の申請件数111,360件のうち不支給となった件数が12,339件ありました。(平成22年から平成24年までの年平均値)。
不支給割合は12.5%で、だいたい100件の障害基礎年金の申請があると12件〜13件は不支給となります。
老齢年金や遺族年金は請求して不支給決定となることはほとんどありませんが、 障害年金の方は請求すれば必ず年金が受給できるというわけではありません。
障害厚生年金の方は統計データは公表されていませんが、障害基礎年金と同様に必ず受給できるわけではありませんので、結論として、障害基礎年金も障害厚生年金の審査に落ちることはあります。

トップページに戻る  > 

障害種別ごとの不支給決定割合

厚生労働省が公開している平成24年度の統計データでは障害種別ごとの障害基礎年金の不支給率は次のとおりとなります。

精神障害・知的障害 全申請件数4,497件 不支給件数484件 不支給率12.1%
肢体の障害 全申請件数1,263件 不支給件数182件 不支給率16.8%
内部障害  全申請件数1,128件 不支給件数196件 不支給率28.1%
外部障害(肢体障害以外) 全申請件数306件  不支給件数36件  不支給率12.3%

上記で内部障害とは腎疾患、肝疾患、糖尿病、血液・造血器、呼吸器、循環器による障害のことを言います。
このデータから明らかになることは、内部障害に基づく障害年金の申請の不支給率が高いことです。

POINT

内部障害による審査基準は厳しく、障害年金の審査を通すことが大変であるということが分かります。

トップページに戻る  >

審査に落ちる可能性の高い障害年金の申請は専門家に頼むと良い

#

障害年金の申請は普通に読み書きができる方であればご自身で申請することが十分可能です。
初診証明書や診断書など難しい書面もありますが、そういった書面は医師が作成することになっています。
それ以外の障害年金の申請書や病歴就労状況等申立書などは、年金事務所の窓口担当者の指導があれば、基本的には請求される方がご自身で作成することができます。
しかし、例えば、内部障害に基づく障害年金の申請の場合、申請4件に対して1件以上が不支給決定を受けます。 そういった審査の通りにくい障害年金の申請をする場合には、社会保険労務士などの専門家に手続きを依頼する方が安心でしょう。 専門家に依頼すると報酬の支払いが必要になりますが、依頼することによって自分が手続きを行うよりも障害年金を受給できる確率が高くなるとすれば、報酬を支払っても十分元が取れます。

障害年金は、年金の受給期間が長い場合には1回の申請で相当な額のお金が支給されます。このことを考えると専門家に支払う報酬は安いと言えます。

トップページに戻る  >